FC2ブログ
2011-05-13

第686夜 SKID ROW/SUBHUMAN RACE


連休によく聴いた一枚。
スキッドロウの3枚目サブヒューマンレイス。

俺が高校生の頃はアメリカンハードロックが全盛で、ニルバーナなんかのオルタナもかなりの勢いがあった。

そんなアメリカンハードロックバンドの代表的なバンド。


当時のハードロックはガンズ、スキッズに代表されるようにヘヴィメタルとパンクロックの両方から影響を受けたバンドが多かった。つーか、そういう要素のあるバンドが俺は好きだった。

スキッズのボーカルのセバスチャンバックはかなり好きなボーカルの1人だ。

金髪のロン毛、美形で、荒々しい高音で。。
まさに『ロックスター』そのまま

カリスマがほとばしってました

セバスは超高音の歌が得意だったけど、決してジャーマンメタルの糞ボーカル共とは違って、パンクの荒々しい、いい加減さが生きてました

で、このアルバムはそれまでのハードロック/メタル路線から方向を変えて、ヘヴィでダークで、アメリカンハードコアの要素も取り入れたカッコイいアルバムです

まあ、初めてスキッズ聴くならポップで聴きやすい1stか2stを勧めるけどさ(笑)

ステージアクションなんかはハイボルテージでかなり影響されたや~

ウチの同級生らにはKEV-KICK・LAWはスキッドロウみたいだね!

って言われた事がある。
まあ、負けねー自信はあるですが

ボーカルの顔と歌の上手さはちと分が悪いかとちゃんと認識はしとりますよ(笑)

スポンサーサイト



2011-05-06

第684夜 TYRANNOSAURUS REX/A BEARD OF STARS


ゴールデンウイークが終わってしまう

さて、この休み中に何してたかつーと、ひたすら音楽を聴き、CD研磨機を購入して、あとスタジオに個人練習入って録音してた

ブログも滞っていたね(笑)

その聴いたCDをちょっと紹介。

まずはティラノサウルスレックス。

まだT-REXになる以前のティラノサウルスレックスのアルバムね。

基本、ティラノサウルスレックスの頃はアコースティック、T-REXになるとエレクトリックと思えば良いと思う。

この頃はちょうど過渡期なので、節々にエレクトリックが入っているけど。

T-REXになるとほんとブギー主体のロックになってしまうけど、ティラノサウルスの頃はアコギーとパーカッションのみがほとんどなのに、逆に音楽的には幅広い

マークボランはボーカル、ギター、オルガン、ベースとオールマイティーな活躍をしてる。

相棒のミッキーフィンなんぞ、T-REXになってからもタンバリン一個持って大暴れしたりする猛者だ

世間じゃあマーク1人がT-REXみたいに思われがちだけど、ミッキーがいてこそだと思わせる凄みがあるね!

まあ、何にしろビートルズに後継者指名されたほどのバンドなんだから当たり前にすごいわな

ブギーを主体にヒットしてからはどれもおんなじようなアレンジになってしまったけど、マークの歌い方やメロディーはやっぱりいいね

ティラノサウルスレックス。

聴いたことなかったらぜひ聴いてみてね!
2011-03-20

第666夜 TOKYO FIST/オムニバス


20代の前半によく行ったライブイベント『TOKYO FIST』のオムニバスCD。
収録バンドはネバーフィアー、ボムファクトリー、空手コンドル、日本発狂組合、TOKYOYOUNG、4曲づつの全20曲。

かなり聴きました。

ハードコアイベントと銘うっていたけど、それぞれいろんなスタイルで聴いていて楽しい。

ネバーフィアーは友達のユキオがドラムで当時まだ二十歳そこそこだったけど、すごい良いドラムを叩いている
ミクスチャー的にアジアなどのいろんな音楽を吸収して幅広い音楽性が魅力だや。

ボムファクトリーは今はヨーロッパでも人気の高いビックなバンドになったけど、当時から輝いてるね!

空手コンドルと日本発狂組合はヒップホップハードコアのかっこよさを見せてくれました。


イベントとしてもすげー影響をうけて勉強になったし、インディーズという言葉の意味を知りました。

もう貴重な盤なので売ってないかもだけど、あったら是非聴いてみて

2011-02-22

第628夜 名盤 『THIN LIZZY』/DEDICATION


シン リジィのベスト盤。
ベースボーカルのフィル・ライノットはベース持ったジミヘンにしか見えないんだけど(笑)

歌い方もちと似てる

曲はブギー調の古いハードロックが多い。

演奏に間違いも多い。

フィルのアフロもデカい。

でも、シンプルな進行にキラキラのギターフレーズはヤケにカッコ良く聞こえる時がある

全部が好きなワケじゃないけど、いくつかの曲はすごく好き。

ゆる~いローテーションで年に何回か聴きたくなる

たぶんこういうのが名曲なんだろうね!

毎日聴かないけどあきもしないし、たまに聴く。

それもまた良いじゃないか

とりあえず定番の『ヤツらは街へ』でも聴いてみて

じゃあねー
2011-01-05

第544夜 OASIS/いろいろ


オアシスはヒデヒトに聴かせてもらったのが最初だったと思う。

確か“モーニンググローリー“ってアルバムだった気がする。

第一印象は『ポップなセックス・ピストルズ』って感じだった。

歌い方がジョニー・ロットンみたいだったから。

その後、“U.Kロック“ってカテゴリーで瞬く間にビックバンドになったけど、コンスタントに聴きやすい曲だすくれーしか印象になかった。

今、落ちついて聴いてみると割といろんな事やってるね。

ただ、キャッチーな曲のポップロックバンドが売れてからモノホンのロックやろうとしても底がしれてるね。

初期のポップロックなのが一番似合ってるよ。
余計な事しねー方が良いと俺は思う。

だってロックは生まれた時からロックであって、生まれつきロックでないとできないのです
(断言)

音だけ真似ても無理なもんは無理。

が、ロックでなくポップなバンドとして聴くなら良質な楽曲は多いし良いバンドだと思う。
たくさんの人が支持した理由は分からんでもない

あるいは同じ楽曲でもミック・ジャガー(70年代の)が歌ったら馬鹿かっこよくロックするかもしれないけどね!

なんて言いながらちょっとこのポップセンスを参考にして取り入れようとしてる自分もいるけどさ(笑)


オアシス、良いポップバンドです

ただ、メンバーの中に2人ほどゴリラいるから気をつけて

じゃあねー
プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター