FC2ブログ
2009-11-30

第288夜 オカルトな癒やし

グラハム・ハンコックの『創世の守護神』を読んでいます。
内容はエジプトのスフィンクスの建設年代が定説よりも約8000年以上も古く、今から約12000年前のものというハンコックと共著者のロバート・ボーヴィルの説を一つ一つ検証していくものです。

前作の『神々の指紋』を読んだのが10年以上前で、こちらは海に沈んだアトランティス大陸は南極大陸だった。
という大胆な仮説を検証して、やはりピラミッドやスフィンクスが12000年前からあるとしています。

両著書は矛盾点も多いし、都合の悪い事には触れないなどあるけど、さすがに小説家というか「ほんとかも知れない!」
って思わせられる説得力もあります。

まあ、現代人にとってはピラミッド作ったのが5000年前だろうが12000年前だろうがあんまり関係ないかも知れないけど、12000年前の方がロマンを感じません?

俺は感じます


悠久の時の彼方の人達がどんな思いであんなとんでもないモノを造ったのか考えるとワクワクします。

最近になって、ただの神話であると思われていたものが事実であったという発見も多数されています。
世界の考古学者は神話を人類の歴史とはとらえていません。

しっかりとした¨証拠¨が出てきて初めて神話から歴史にかわるのです。

でも、太古の人々の信じていたものがすべて想像の話しなわけないじゃん?

聖書もリグ・ヴェーダもラーマ・ヤーナもギリシャ神話も日本神話も、何かの事実を内包している可能性はあるでしょう。

ネッシーにしてもUMAにしてもいないだろうけど、いたら素晴らしい。
実際シーラカンスは居たし

全部あったかもしれないし、全部なかったかもしれない。
いつか解き明かされるかもしれないし、永遠の謎かもしれない。
すべてオカルトです。

でもそんなオカルトに想像を膨らませる時、心が癒やされるんだよね

12000年も昔の人々も同じように悩み、同じように生き、同じように死んでいったことでしょう。
それを思えば誰だってどんな苦しい事があっても『いや、まてよこんな苦しみなんて長い歴史でみれば何百億人も経験してんじゃね?』
って思えるじゃん


では、またねー(^^)ノシ
スポンサーサイト



2009-11-30

第287夜 間に合え~!

一日中できたての新曲の歌詞を考えてた。
KEVの今の総力(の一部)を結集した最新の一曲になる予定…

だけど、ボーカルパートだけが遅れている

歌詞もまばらに散りばめたくらいしかできていない。

12月のイベントまで二週間をきったが間に合わせなければ!


コードネーム『ADAM09』


バッチリ完成すれば、観客ドン引きの後に原初の世界に引きずり込んでやる

時間は無いけど、俺の中にあるアカシック・レコードが廻り出せばきっとこの歌の歌詞を思い出すはず…

記憶が言葉を運んでくるのさ




…とかたまにカッコいい事言いたくなるじゃん?

たまにはさー

そうするとさー


「ハイハイ…カッコつけてないで邪魔になるから撤収するよ!撤収!撤収!」

ダムヒロシ語録
『ライブの最後に倒れ込んだノリジに対して言った一言より抜粋』


みたい言葉がとんでくるわけよ
それいったら身もふたもないって(笑)

まあ、それもバンドのバランスよね
2009-11-28

第286夜 S・a・t・u・r・day-night!

土曜日はいいね~

休みじゃねーけど

『Bay city rollers』 を聴いています。

なんにしてもここまでキャッチーなメロディーだと鼻につくのを通り越して尊敬と好感を感じるね!

アイドルロックグループなだけにこれでもかつーくらい爽やか&ポップ

そしてバカ

この頭の足りなそうなとこが彼らの憎めないところか?

今見ると顔のつくりにはかなり疑問を感じるけど(笑)


来年はぶち抜きキャッチーな曲でも作ってタータンチェックで踊ろうかな


Saturdaynight~Saturdaynight~

ククッ

良いね
2009-11-25

第285夜 怪我の功名

えー、ライブから1日たってアドレナリンやドーパミンがひいてきたせいかやたら体中が痛いです

具体的には…脇腹、背中、首、右足、左手。
今回だいぶ冷静にやったつもりだけどなー

毎回毎回怪我してるけど、そもそもライブって怪我するもんなのか?

皆終わったあと爽快な顔してる気がするけどな…

今回は背中脇腹を強打したので咳したり話したりするだけで痛い。
あと3日くらいして痛み引かなかったら病院行くかな

できれば痛み引かない方がよいかな

かわいい看護婦さんいる病院が良いなー

でも病院行ったら違う病気とか見つかりそうで怖いな
例えば


俺「あ…痛たたた…いたい」

エンジェル「大丈夫ですか

俺「あー痛い…いたい…いたい」

エンジェル「入院しますか


俺「入院しますいたいから…あ…いたいから…あいたいから

何の病だつーの

はーいバカです


おやすみー

まったねー(^-^)/
2009-11-24

第284夜 ライブ報告

アニマルハウスでのラストライブ報告…
ってほどでもないけど(笑)

演奏メチャクチャ、バラバラ(爆)

今日は抑えめで行く予定だったんだけど、終わってみたら冊から転がった時に脇腹を強打さらに引きずるほど足が痛い

脇腹なんぞ時間が経つほど息するたびに痛いから肋骨ヒビ入ってねーか?

打撲だろーけどさ

まあ、ライブだもん体張らなきゃしゃーないしね

なんか他の皆も血流したりしてたからねー


演奏は綺麗に丁寧にはできないなぁ

バラバラも多いけど、バッチリいった時は最高よ

次はちょっとはキメていこー
来てくれた人たち本当にありがとうね

あー、腹痛てぇー

おやすみー

~setlist~

・Rolling Stone
・マッハライダー
・Bitch
・かどいち(Rape me)
・Freemans'Back
2009-11-23

第283夜 今日はライブだよん

今日はひさびさのライブだや~

時間があるので借りてきたウォールター・ヒルの『ウォーリアーズ』でも観てから支度するかな

でば、まんず
2009-11-20

第282夜 STAND BY ME

20091120013406
『STAND BY ME』という映画を知ってる?

たぶん、俺と同世代の人なら知らない人はいないと思う。

確か俺が13歳くらいの時に公開された映画だから1986年か1987年くらいの映画だったはず

それからたくさんの映画やDVDを見たけど、君の思う名作映画って何?って聞かれたら何故か一番最初に思い浮かぶんだよねー。

ベタ過ぎるかもだけど

何かの雑誌で「人生で二度見る映画」と書かれていたなぁ

子供の時に一度、大人ななってから一度。
それぞれ違う感動を味わうそうだ。

内容はごく普通のアメリカ暗い日常と青春。
主人公達が子供から大人に成長するほんの一時期の、誰もが通過するもっとも過酷で輝ける時期…のお話。

この映画を見ると今でもなんか懐かしいような切ないような気持ちになる。

俺にも物心つく前からの幼なじみが2人いるんだけど、少年の頃三人で家出したことがあった。
まあ、小学生だから全然たいした事ないんだけどさー
線路伝いに三人で歩いて、陸橋の上も歩いて行った。
最終的に俺達の旅?は電車とめようとして線路の上でチキンみたい事やっててバレて終わったのだけど(笑)

今でもよく会うその2人とその時の話をすると、何故か『STAND BY ME』のシーンとダブって思い出す。
2人も同じように言っていた
ベン・E・キングの名曲『STAND BY ME』が心で流れながらね

たぶんほとんどの人が一度は観たことあるだろうけど、何度でも観ることをお薦めするなー

何度観ても観る度に郷愁とちょっとほろ苦い切なさを味あわせてくれると思うから


リヴァー・フェニックス生きていたらなー

今頃世界一の俳優になっていたかも知れないのに…


格好良かったなー

永遠に23歳のまま伝説の中で生きるんだなー

俺の中の英雄の一人です

あ!でも『タクシードライバー』のロバート・デ・ニーロは凄まじくかっこいいね!

あとは『ゴッド・ファーザー』シリーズも捨てがたい!


まったね!(^_-)☆
2009-11-18

第281夜 アッサンブラージュ

今は昔、約13、14年前だけど東京渋谷新宿を中心に活動した『715』というバンドに在籍したことがありました。

メンバーはVO&Gt.フロケア(現Chaos_map、スコッフ)Ba.ナオキ(ex.TRICO)ユキオ(現moa moa) Gt.俺(ずっとKEV-KICK・LAW)
でした。

その後フロケア君はプロデュース業やレコーディングエンジニア、はたまたクラブDJ ゲームミュージックなども造る多才性を見せKEVのイベントの相談役などもしてくれています。

ナオキはTRICOとしてイベントに出演してくれたりもしてイスラム諸国放浪したあとに今は音楽活動を少しお休みして茨城で農業やったりしてのんびり生きていますが、彼のパワーファンクなテクニカルベースは凄まじく強烈でした。

ユキオは多くのバンドを渡り歩き今はmoa moaに落ち着いてますが、彼はドラムとしてはおそらく俺の知る仲ではNo.1ともいえるスキルとカリスマを持ったスーパードラマーに成長しました。

俺だけ圧倒的にクオリティとスキルが低いのはあんまり気にしないように(笑)

音楽的には『715』は当時の俺には恐ろしく高度なもので多用される変拍子とメジャーマイナーを混然としたメロディーライン、当時としては先進的なラップ、スキャットなども取り入れた音楽性を持っておりました。
分かりやすく言えば更に多様化した『ユニコーン』といったとこです。

さて、本題に入りましょう。

その715の作詞作曲をほぼ一手に受け持っていたのはフロケア君でした。
彼の歌詞やメロディーラインは独特の個性を持っていてすばらしいんだけど、今回は特に「歌詞」の事です。

彼の曲の中に「ハイハット」と言う曲がありました。
正式には「Open-high hat」という曲で短く略して「ハイハット」と呼んでいました。

因みにcrazy popさん率いるバンドHIGH HATとは何の関係もないですよ。

その滑り出しの冒頭部分の歌詞が

「アッサンブラージュやめて、声かけるタイミングになって生産の原点は深夜の再開点…」

という歌詞なんですけど、この"アッサンブラージュ"と言う言葉が最初俺には何の事やら全然分からんでした。
辞典で調べると美術用語で「寄せ集め」という意味でしたが、何の事やら…

しかし後にこのアッサンブラージュという言葉、ミリタリー用語で「軍事的威圧」という意味もある事を知りました。

そこで彼に「ねえ、アッサンブラージュってどういう意味?」
って聞いたところ

「軍事的な威圧、抑圧」と笑って答えました。

そこでやっと俺はその曲の真の意味に気づいたのです。

その曲こそは当時彼が付き合っていた彼女に対する人しれない抗議の歌だった事に!

そういう意味で捉えていくとその歌詞すべてがとても意味深いものだと分かったのです。
たぶん内輪のごく親しい人間でも、もっとも真意に近づいたのは俺一人でしょう

このように彼の歌詞はすごく抽象的で掘り下げていくと真の意味が解明される実に楽しいものでした。

確かにたくさんの人に聴いてもらう音楽には"共感"というのは大切なビジネスであろうと思います。
分かりやすく言えばキャッチーなメロディーに簡単な言葉をのせてお客さんがすぐに一緒に歌える、または簡単なかけ声を入れる…など


が、こういう身内にすら容易に分からない心の叫びをフレーバーした彼の歌詞がとても俺は好きで、10数年たった今も心に残っています。

前衛的音楽志向だったフロケアとナオキの作った曲を俺とユキオで無理やりロックに引き留めようとしつつも、やはり古典的ロックが好きだったフロケアとナオキを前衛的にいつづけさせようとした俺とユキオ。
この微妙な均衡が715の楽しいとこでした(笑)

いつか一度くらい再結成してみたいもんです

見たらたぶんみんなビックリするでしょう


何がって?


俺のギターと他の3人との信じらんないほどのレベルの違いにだよ(笑)

でも、世の中にはそれだけレベルが違っても楽しくできるバンドだってあるんですよ
2009-11-14

第280夜 不可能

「不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ」

「不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない」

「不可能とは現実ですらなく、単なる先入観だ」

「不可能とは、誰かに決めつけられることではない」

「不可能とは、通過点だ」

「不可能とは、可能性だ」

「不可能など、何もない」

-モハメッド・アリ-


至言でありまする。
2009-11-13

第279夜 Nam green 夢のお話

お経のお題目って、多くの場合『南無~』から始まるよね。

例えば¨南無阿弥陀佛~¨
例えば¨南無妙法蓮華経~¨
例えば¨南無金剛菩薩~¨
例えば¨南無三宝~¨

この『南無』とはいったいなんなんでしょ?

以前に調べたら、『南無』とは梵語(サンスクリット語)の¨namas¨または¨Namo¨からきていてインドから中国に仏教が伝わった時に音の当て字として使われただけで、『南無』という漢字自体には意味はないのだそうです。
じゃ、namasとはどういう意味でしょ?

インドの挨拶にも使われる¨ナマステ~¨この場合¨テ¨とは『あなた』と言う意味。
ナマスは『敬う』。
ナマステ=『あなたに敬意をもって接します』
という意味になります。

仏教ではもう少し重い意味で、『帰依、帰命』となります。

だから『南無阿弥陀佛』なら
¨私は阿弥陀仏(仏様)をこの命を捧げるほど敬愛していますよ"と言ってるわけですねー

言葉って意味が分かるとおもしろいよね
----------------------------
全然関係ないけど、今日見た夢のお話。

今日は9時半から新曲のまとめのために4人でスタジオに入る予定だった。

仕事から帰って、少し時間があったのでついウトウト寝てしまった

以下夢のお話…

どっかのすごく大きなコンビニに俺は買い物に行った。
駄菓子のコーナーで何か買おうと思っていたら、誰かに背中をたたかれたので振り向いた。

とてもかわいい姫さまが立っていた(しかも何故かウエディングドレスで!)

姫さま「仕事、お昼休みだからぬけてきちゃった

俺「あ…うん

それで2人で座って駄菓子を選んだ。
姫さまは
「これ食べたい
と言って、勝手にうまい棒をあけて食べてしまった。

俺はいちいち、その空の袋をレジに持っていって金を払った。
だけどとても満たされた気持ちだった。

体育座りして駄菓子食いながら話してるだけだったんだけどね(笑)

姫さま「あのね…私さ…」

俺「うん?」

姫さま「私ね…」
---------------------------
なんとここで目が覚めてしまった

時計を見ると8時半。
くそ!意地でも続きを見てやる!

そしてもう一度寝たが、夢は見なかった。
しかも起きたら9時半
結局、スタジオ遅刻しました
みんなゴメンナサイm(_ _)m


あの夢の言葉の続きがとても気になる

まあ、いいや


続きは今度、現実世界で聞くとしよう

では、また寝まする

明日もスタジオだや~

おやすみー
2009-11-11

第278夜 R30会合in清水

今日は清水にイベントの会合に行ってきた。
半分飲み会なんだけど、キメるところはキメてきたのでバッチリだ

12月のイベントは『R30』。
意味はROCK-30。
全バンドの平均年齢30歳越えと言う意味もある。

ようするに30歳越えてもまだまだロックはこれからだぜ!

みたいな感じ

一年半前にKEV-KICK・LAW、インスタンツ、ハイハットを主軸に始まった合同イベントだったけど、第一回目は大盛況に終了し、また第二回目をコールガール・ヴァレンタインが主軸として加わっていただき、更に強力なバンドラインナップを加えて、8バンド+DJというボリュームで開催できる

正直、現在の静岡のロックバンドに限るなら素晴らしく豪華な顔ぶれだ。

俺の知る限り(知らなかったらゴメンね)最高に近い

もうホームページにアップしてるバンドやフライヤーも出来ているので近々報告できると思う

長丁場になると思うから、見にきてくれる人達は自分の好きなスタイルで見てくれたら嬉しい。
寝てみてもよいし、ただ聴くだけでもよいし、好みのバンドだけつまみ食いして見るのもあり
途中からきてもよいし、途中で帰ってもよい。

KEV-KICK・LAWの時は外に呑みに行ってまた帰ってくるのも良し。
どのバンドのどこから見てもきっと素晴らしい。

12月12日は自分のスタイルで見にきて、自分のスタイルで楽しんで、自分のスタイルでロックしてくださいな。
もちろん、最初から最後までいるのも

好きなバンドが一つでも見つかると良いね


じゃ、おやすみ~
2009-11-10

第277夜 エコバッグ

今日の朝、妹から何年ぶりかに電話があった

車のエアバックやらシートベルトの廃品を送ってほしいという内容だった。

そりゃあ、車稼業ですからそんなもの腐るほどあるけど、いったい何に使うのか?

話を聞いてみると、自社のエコバックをつくるのにサンプルとして製作するみたいだ。

ちなみに、妹は東京のあるブランド販売店のオーナーである。今年にオープンしたばかりだけど、20代から30代の女性でかなり繁盛してるみたいだ。

妹ながらになかなかのやり手で東京の大資産家や弁護士やら警察のおえらいさんやらはたまた中国の大資産家にまで太いパイプをもっている。

敵にすると侮れない妹だ(笑)

まあ、兄としては成功を喜んであげたいし、エアバックの20や30送ってやるのはたやすいのでさっそく協力してあげることにした。

自分のやりたい事で思いっきり頑張ってほしいと願う。

KEV-DIVAの、たまには兄心な日記でした

まったねー
2009-11-09

第276夜 R.I.P

残念です。

良い人はどうして逝きいそいでしまうのだろうか。

死ねばよいやつらは厚かましく生きているのに、良い人はみな逝ってしまいます。

11月23日に演りましょう。

まだまだ準備は完全じゃないけど、演らしていただきましょう

思い出のアニマルハウス。


送り火は転がる石で。

KEV-KICK・LAWなりのライブで演りましょう。

ね(^_-)=★
2009-11-08

第275夜 ワクワクガン

20091108164503
夜中にさ~鑑定団行ったらガンズのブートが2枚もあったですよ

もちろん即買い

これで12月19日の来日ドームの予習をするぜ

三年ぶりの来日が今から楽しみでしょうがない

さらに12月12日のイベントにむけてテンションもあがるねー

思えば三年前の来日もうちのライブとかぶりそうだったもんな~
さらに姫さまも

どうもこのあたりのバンド、ガンズ、姫さまには同じような周期の宿縁を感じて嬉しいね!

さて、では観るかな
2009-11-06

第274夜 初公開!これがKEVの新曲の楽譜だ!

初めて新曲の譜面を公開いたします

コレだ↓
20091106230124

(ノリジ所蔵)


読めますか?


ちなみにコレで1ページ11分弱の曲です。

この超難解な楽譜が読めるようになったら、あなたもKEV-KICK・LAWに入れますよ

何?そんなとこ入りたくない?

ククク…

俺も読めねーって

でも、譜面なんて読めなくてもOKさ

『もっとガガガッって感じで』
『ドラムはもっとあつかましい感じ』

『こんな感じ?』

『そうそうそれそれ

これがバンドです

まったねー
2009-11-03

第273夜 バンド論 コピー&カバー編

バンド論コピー編です。

バンドをはじめてしばらくすると、だいたいオリジナルソングを作りたくなるもんです。

ウチらはコピーなんかはあんまりやらずにいきなりオリジナルソングではじめたバンドなのでちょっと違うかもしれないけど、楽器やバンドをはじめるとまずコピーをするのが普通だよね。
ブランキージェットシティの浅井健一もコピーはイーグルスの¨ホテルカリフォルニア¨とディープパープルの"スモーク オン ザ ウォーター"をやっていきなりオリジナルソングを作ったと当時買ったGIGSにも書いてあったから、当時の俺も「コレだ!」と影響されてコピーなんぞほとんどやらずにオリジナルソングを作りました。

まあ、その後バンドでヒマな時になんとな~くコピーはしてきたけどね(笑)

記憶にあるのはピストルズ、ストーンズ、ガンズ、T-REX、ハノイロックス、エアロスミス、ブラック・クロウズ、ラモーンズ、ツェッペリン…なんだ割とやってんな

それにしても恐ろしく偏ってるね

変わったとこでは007のテーマとかもライブの挿入でやったりしたな~

あれは結構格好良かったな。
またやりたいな。


まあ、インストなので俺の出番は無いのだけれど

コピー、ちょっとカッコつけて"カバー"でもよいが、カバーって言ってコピーやってるバンドも多いからやっぱりコピーでいいや。
さっき上げたバンドの曲でカバーと呼べるできばえだったのはストーンズの"Dead frowers"と007くらいかと思う

Dead~は初期のライブじゃ定番のナンバーだったや。
変えすぎてほとんどストーンズの原型ないけど


サンプリングの概念が出てきてから『オリジナルソング』の意味がよくわからん感じになってきたね。

いくつものレコード繋ぎ合わせて「曲をつくった」みたいな事堂々といってるDJの感性とかも俺には分からん。

シーケンサーや録音機材も発達して、曲作んのも簡単コピーするのもタブ譜見るだけじゃなくネットで弾き方調べたりして簡単、よい時代になりましたな!
耳コピするのは勿論できた方が良いけど、効率よく覚えられるならそれも良いではないですか。
俺らみんな耳コピ世代だけど、単にタブ譜買うのとネットで調べるのがめんどくせーだけだから爺くさく
『耳でやらなきゃダメだ!』
なんて言わんですよ

やりたいように好きにやりゃあいいさ

でも、タブ譜はかなりいい加減でわりと間違ってるから完コピしたい人はアテにしない方が良いと思うけどね

良い曲はロックでもJazzでもポップスでもいつまでも誰かにフォローされて後世まで継承されていきます。

リトル・エヴァの1964年のヒットシングル『ロコモーション』をグランド・ファンク・レイルロードの名カバーで俺が知ったように

ツェッペリンの『house of the holy』をkevの演奏で知る人がいるのも良いじゃんねー

あんなの出来るか分からんが(特に俺が)…

良い曲はカバーだろうがコピーだろうができるだけたくさんの人に伝えるのはとても良い事だよね。


きっと世の中には俺の知らない名曲がまだまだあるんだろーなー

さて、ガンズのカバーしたスカイライナーズの名曲『Since I Don't Have You』でも聴くかな

じゃあ、まったねー!
2009-11-01

第272夜 ラーメン寄稿69

20091101150633
支那そばや 戸塚本店

醤油らぁ麺 金華豚入り

1350円

日曜の午前中から二時間かけてダムひろしとわざわざラーメン一杯食いに戸塚まできた。

支那そばやってかの有名な佐野氏の店ね

ラーメン好きには神さまみたい人ね

味は旨かったよ

まあ、何がすげーってラーメン一杯食いに戸塚まで来るダムひろしの気合いがすげーな。

頭が下がります

では、良い休日を

まったね!
プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター