FC2ブログ
2011-05-30

第688夜 サタデー インザ サナッシュ

土曜日はサナッシュにライブ観に行った。

目的はヨッシ兄、なおきさん、Dさん、あつきさんのアナーキーコピーバンド『まやかし(漢字忘れた)』だ。

みんなアナーキーが好きみたいでとても楽しそうだった

ちなみにその前は元横道坊主の林田さんのバンドだった!
個人的には中高生の頃横道が好きだったので、嬉しかった

最後は地獄K兄とクワサンのバンドでそれも良かった!

ちなみになぜパンクスの人らは『外道』が好きなんだろう?

外道はどっちかっていうとハードロックよりのバンドなんだが…

まあ、スピリット的には確かにパンクだけどね
帰って3時半からチャンピオンズリーグの決勝をみた。
バルサちょっと強すぎな感じだね~

マンユー相手にあの試合かよ

あまりに一強すぎるとリーグとかつまんなくなっちゃうな…


全然関係ないが原爆オナニーズのライブ見たい。
じゃあね!
スポンサーサイト



2011-05-17

第687夜 DVD鑑賞

土日にDVDを3本観た。

タイトルは
『カイジ』
『ソラニン』
『春の雪』


カイジ、ソラニンは漫画原作のやつね。

どちらも漫画の方が面白いね

いや、悪いわけじゃねーけど。
特にソラニンはまったく原作の良さがなかった
そんで、『春の雪』

これは確か三島由紀夫だかが原作の小説の映画化。

小説は昔読んだが四部作位の『輪廻転生』の物語。
要するに『生まれ変わり』の物語なんだけど、その第一部を映画化したもの。

はっきり言って、原作の映画化としてはかなり良い出来だと思う…が、これはあくまでも四部作で完結する『輪廻転生』の物語なんだから、何の予備知識もなくいきなり第一部だけ映画化されても小説読んでない人には、なんのこっちゃ?

的で意味分からんと思う

観るなら小説と合わせて観るのが良いと思う。

まあ、出来は良いので、第二部とか早く作って是非完結までしてほしい。

ちなみに、『生まれ変わる』とかって考えは非常にロマンチックで俺は好きだ


前世や来世などあればいいなと思う。

昔、占い師にみてもらったら俺の前世はエジプトのファラオでナイル川の灌漑工事をし、ピラミッドをつくったアメンホテプ二世だそうだ(笑)


まあ、例えばそれが本当だとして現世に生まれかわるまで4000年?くらい俺の魂はどこをほっつき歩いていたんだろうか?
魂だけになっても遊び歩いてたんだろうか?


それとも転生するのってみんなそんなに時間かかるんだろか?

だいたい人は死ぬといったいどこにいくのだろう?

死んだじいちゃんが心筋梗塞で一度心停止した時、確かに三途の川を見たと言っていた。

やっぱり死後の世界はあるんだろうか…


たぶんそんなの誰も知らない。
死後どうなるかなんて、世界中の誰一人知らない。
みんな知りたいだろうことだけど誰も知らない。

だけどその問題はいつか必ず全員の前に答えがでる。

俺は2000年位生きたい人間だけど、いつか寿命や命運尽きてこの世からおいとまする時がきたら、この最大の謎が解けるのかと思うと、それも悪くない気もする


知ってみたら案外『なんだ、この程度か

って位かもしれないけどさ。


そんな事を考えては今日も布団に入るのでした。

おやすみ
2011-05-13

第686夜 SKID ROW/SUBHUMAN RACE


連休によく聴いた一枚。
スキッドロウの3枚目サブヒューマンレイス。

俺が高校生の頃はアメリカンハードロックが全盛で、ニルバーナなんかのオルタナもかなりの勢いがあった。

そんなアメリカンハードロックバンドの代表的なバンド。


当時のハードロックはガンズ、スキッズに代表されるようにヘヴィメタルとパンクロックの両方から影響を受けたバンドが多かった。つーか、そういう要素のあるバンドが俺は好きだった。

スキッズのボーカルのセバスチャンバックはかなり好きなボーカルの1人だ。

金髪のロン毛、美形で、荒々しい高音で。。
まさに『ロックスター』そのまま

カリスマがほとばしってました

セバスは超高音の歌が得意だったけど、決してジャーマンメタルの糞ボーカル共とは違って、パンクの荒々しい、いい加減さが生きてました

で、このアルバムはそれまでのハードロック/メタル路線から方向を変えて、ヘヴィでダークで、アメリカンハードコアの要素も取り入れたカッコイいアルバムです

まあ、初めてスキッズ聴くならポップで聴きやすい1stか2stを勧めるけどさ(笑)

ステージアクションなんかはハイボルテージでかなり影響されたや~

ウチの同級生らにはKEV-KICK・LAWはスキッドロウみたいだね!

って言われた事がある。
まあ、負けねー自信はあるですが

ボーカルの顔と歌の上手さはちと分が悪いかとちゃんと認識はしとりますよ(笑)

2011-05-10

第685 なあ、やっぱり

やっぱり、やる気がねー奴ってのは、才能がねー奴ってのとかわんねーな




http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=qjKyHHhPej8


相変わらずリンクの貼り方がわかんない。

とりあえずこの映像はなんかとても良い
2011-05-06

第684夜 TYRANNOSAURUS REX/A BEARD OF STARS


ゴールデンウイークが終わってしまう

さて、この休み中に何してたかつーと、ひたすら音楽を聴き、CD研磨機を購入して、あとスタジオに個人練習入って録音してた

ブログも滞っていたね(笑)

その聴いたCDをちょっと紹介。

まずはティラノサウルスレックス。

まだT-REXになる以前のティラノサウルスレックスのアルバムね。

基本、ティラノサウルスレックスの頃はアコースティック、T-REXになるとエレクトリックと思えば良いと思う。

この頃はちょうど過渡期なので、節々にエレクトリックが入っているけど。

T-REXになるとほんとブギー主体のロックになってしまうけど、ティラノサウルスの頃はアコギーとパーカッションのみがほとんどなのに、逆に音楽的には幅広い

マークボランはボーカル、ギター、オルガン、ベースとオールマイティーな活躍をしてる。

相棒のミッキーフィンなんぞ、T-REXになってからもタンバリン一個持って大暴れしたりする猛者だ

世間じゃあマーク1人がT-REXみたいに思われがちだけど、ミッキーがいてこそだと思わせる凄みがあるね!

まあ、何にしろビートルズに後継者指名されたほどのバンドなんだから当たり前にすごいわな

ブギーを主体にヒットしてからはどれもおんなじようなアレンジになってしまったけど、マークの歌い方やメロディーはやっぱりいいね

ティラノサウルスレックス。

聴いたことなかったらぜひ聴いてみてね!
プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター