FC2ブログ
2012-06-27

第739夜 コンプレッサ


こんばんは

会社にコンプレッサーという機械があります。
空気を圧縮して、いろんな道具を動かしてくれる会社の心臓みたいもんです。

このコンプレッサーがないとマジ仕事がほとんどできません

そんなコンプレッサーが、ぼちぼち寿命となりました。
直しては使いを繰り返して40年も頑張ってくれました。

だからコンプレッサーを買い換えなくてはならないんだけど、新品の良いやつは結構高価なんです。
量販店なんかで売っている安いやつは出力も耐久性もないから、仕事じゃ使えません。


いろいろ考えた末、中古で入手しました。
もともと、かなり良いものなんだけど、それなりに錆びたり汚れたりしていたので、ちゃんとメンテナンスして塗装も吹き直したら、きれいになりました

これを班長兄からもらったコンプレッサーのエアタンク(かなり大きめ)に繋げれば、今後大活躍してくれるでしょう

今年は事業拡張しようと考えて、機械なんかも結構買っているので、どんどんお金なくなってくけど、先行投資は頑張ってしないとね!

ちなみに、もうすぐ役目を終える旧コンプレッサーだけど、ガラクタの鉄くずにしてしまうのは、忍びない

なにしろ40年もうちの会社を支えてくれたんだからね

日本には昔から『長く愛用した道具や物には魂が宿る』という『つくも神』って考えがあるけど、ちょっと分かる気がする。



車も道具も、ちゃんとメンテナンスして大事にしてあげれば決して裏切らない。

本当に良く頑張ってくれたと思うよ。

ありがとう。ご苦労様。
と言ってやろう
スポンサーサイト



2012-06-24

第738夜 維新の人ら

幕末維新の話しも好きで、昔からよく読んでいる。

坂本龍馬を筆頭に高杉晋作、近藤勇、西郷隆盛…など、綺羅星のような英傑達が必死で生きた姿は本当にカッコイい

幕府にしろ、新政府にしろ、浪人にしろ思想は違ってもみんなそれぞれのやり方で日本を外国から守ろうとした。

だから、日本は独立を保ってアジアで唯一欧米の列強国と並ぶことができた。

俺らがロックだなんだー言っていられるのも、愛だ恋だいってられんのも、明治大正昭和の人らが命がけで頑張ったからじゃん。


もちろん、その時代の悪いツケを払ってかなきゃならないのも俺らだから、大変ていやー大変なんだけどさ。


それにしても、明治維新を超えて生き残った英傑達もほとんどが若死にしてしまった。


龍馬なんぞ33歳。高杉晋作なんて二十代半ばで死んでしまったのに永遠に名前を残した。

いくら寿命が短い昔でも、維新の英雄のほとんどが今の俺より若くしてしんでる。


もちろん、今みたいに80歳になっても現役で政治家や社長やってるような時代と、単純に比較できないけど、当時の30歳が今の感覚で40歳くらいと仮定したら、44、45歳で亡くなったと言えるかもしれないね。


もし、あと6、7年で死ぬとしたら、龍馬みたいに名前が残るような大きな事ができるのかな?


自分の命をかけるような仕事ができんのかな?
って思うや

昔の人は男も女もすごいなって思う。

明治の人間がみんな清廉潔白だとは思わないけど、死といつもとなり合わせの人達の強さや潔さは現代の自己中心的で我欲だけが肥大して、口先だけ上手になった俺らには無いもんだよな。


精一杯生きて、世の中を満喫して死んだ龍馬や晋作や西郷は100年以上たっても日本で生きている。



『おもしろき こともなき世を おもしろく』

高杉晋作が死ぬ時に残した辞世の句は、つまらない世の中を楽しい世の中に変えてやろうという覇気と、自分が変わろと願って努力すればきっと自分の世界は変えれるというポジティブさに満ちてる気がして好きだ


生は果てがあるけど名は永遠である

いつか自分も名前が残るような大きな事がしてみたい
2012-06-20

第737夜 しょしん

ムカつくことがあって、暗い日記書いたり、いろいろ考えて落ち込んだりしたけど、ちょっと開き直った。

結局そういう場合開き直って生きていくしかないもんねー。

初心にかえってみようと思った。

アラフォーが今更なにを気持ち悪い事を考えてるんだと(笑)


まあ、どうしても許せないようならぶん殴ってフルボッコにしちゃえばいいやって

大人だからとか、暴力では解決できないとか、みんな思うだろうし、幼稚な考えなんだけど、男なんて最後の最後は自分の身一つが頼りなわけだし、本当に暴力反対ならガンジーみたいに死ぬまで無抵抗であればよい。

訴えも反撃も逃げもしないで死んだら、『ああ、貫いてんなぁ。男だなぁ』って尊敬するけどね!

俺には無理だな。


まあ、俺だって好き好んで豚箱なんか入りたくないからね。とりあえず気持ちを抑えようと努力はするけど、あんまナメてたら次は殺す。


そう思って生きてりゃちょっとは気持ちが軽くなったわ


ちなみに、この話し、このブログを読んでくれたりしてる皆さんや、皆さんの友達や読んでくれる可能性のある人やバンド関係には全然関係ないから安心してね!


暗いブログですみません


次からは面白い話しになるように努力するよ
2012-06-13

第736夜 夜と朝が過ぎるだけ

夜はいつも俺の味方だった

音楽はいつも俺の味方だった

いつまで味方でいてくれるのでしょう?

ま、しょせん夜と朝は繰り返すだけ。

ただそんだけでいつか世界は終わるのだ
2012-06-12

第735夜 ニューカー

長年お付き合いした。
S-MXともう少しでお別れだ

この車でいろんなとこに行った。

まあ、職業柄たくさんの車に乗ったし、たくさんの人の車の最後に付き合った。

感傷的になることなんてほとんどないけど、たまに廃車にするとき涙ぐむ人なんかもいる。

たかが車、ただの道具だけど、それぞれの思い出を乗せてはしってんだなあと思う。

よく働いてくれたと思うや。

カッコ良くはなかったけど(色とか)乗りやすかった。

新しい車はノアだや(笑)

似合わねーけど、これから思い出が入っていくだろう。

S-MXと同じくらいがんばってくれたらいいな
2012-06-12

第734夜 悪い気分

たぶん法律で禁止されてる事ほど人間は快楽を感じる。

ヤバくてみんな癖になるほど快感だから国が禁止するんだろうな。

薬物、放火、殺人、差別、いじめ、虐待、強盗、強姦、…

癖になるものほど厳しく罰せられる。

そうはおもわないか?
2012-06-11

第733夜 タイトルなし

もうなにもみえない
2012-06-10

第732夜 ZERO

ゼロになったらよい

昔は明日とか未来とか誰かのためとかなかった

みんなそうだった

何かを得るたびに、みんな何かを裏切ってきたはずだ。

自分が気づかなかっただけだ。


価値観は変わっていくもんだ。なかなか変われなかったのは俺の方だ。

でもできるだけ変わらないまま生きていこう。

一分過去も一分未来も関係ない。

毎日、今、この瞬間がハイライトだ。クライマックスだ。

それが感じれたら、もう次の瞬間に粉々に砕け散ってもいいや
2012-06-09

第731夜 プレゼント


マッキとサンボとあやちゃんから誕生日プレゼントもらった

ありがとう
2012-06-07

第730夜 これから


これから先はだぶんこんな感じの人生になるのでは?(笑)

パスを出す相手もいない。

後ろに戻れば、チームメイトがフォローしてくれるかもしれないし、かばってくれるかもしれない。

だけど、それじゃあ試合には勝てないよ。

自分の大事なものを守るには挑戦しつづけなくちゃならない。

お金があればよいわけじゃないけど、何の根拠もない未来は語れない。


優しい人等に助けてもらったから、今度は泣く人がいたら必ず助けてあげられる力をつけよう。

大人も子供も何人でも。

どんなに困難でも、ゴールをめざすぜ。



つーか、この写真のマークすげーな(笑)
2012-06-06

第729夜 タイトルなし

昨日、38歳になりました。
いままで、たくさん出会い、たくさんいなくなりました。

とても悲しくてもつらいことがあっても、全部背負って進むのさ

死んでも一回じゃないか
プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター