FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-05

第650夜 『悪魔を憐れむ歌』編.118 終章 その後のデスペラード達①

あの日から4年程たったある日の事だった。

新宿に友達のライブイベントを見に行った。

少し時間が早すぎたので、街ブラをしていたら見知った顔の人と目が合った

このへん人間、条件反射って怖いね(笑)

すかさず挨拶をした。


俺『水井さん!チワッスお久しぶりです


水井『おオメー!あれだえーっと…なんだっけ?あれだよ!あれ!知ってるよ


俺『…DIVAっす


水井『そうだよ!DIVA今言おうと思ってたんだよ先、言うなや!久しぶりだな?何やってんだ?』


俺がライブを見にきて時間がまだ早かったと言うと水井さんは毘沙門会館近くの茶店に俺を誘った。

ブレンドが一杯1000円もするような店だった


俺『水井さん、今も男伊達の世界で頑張ってるんですか?』

水井『まあな近頃はワシも若い衆なんかが増えてな、割と大変なんよ』
お互いの近況を話したあと、懐かしい思い出話しに花が咲いた。


水井『ところでお前、今でもチームの奴らと連絡とかしてんのか?』


俺『いえ、せいぜいノブオくらいっすね。今、パクられてるけど(笑)』


それで水井さんからその後のみんなの動向を少しだけ教えてもらった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。