FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28

第670夜 『悪魔を憐れむ歌』外伝③

ボディビル2人組を瞬く間に叩きのめして、もう伸びている片方にガンガン蹴りをいれていた。

そしたら、

『おい!君!やめなさい!』

男が突然、喧嘩を止めに入ってきた。

スウを後ろから抱きすくめると、

『もうやめなさい!死んでしまう!』


と、止めた。

振り返って見ると、薄いトレンチコートのようなものを着てちゃんとした身なりの30代中盤から後半くらいのサラリーマン風の男だった。

どうみてもヤクザではないし、格闘家という体つきでもなかった。

虫のいどころの悪かったスウはそのリーマンにも噛みついた。

『うるせー


リーマンはスウに殴られて吹っ飛んだ。

…が、起きあがるともう一度、言った。

『君、もうやめなさい!』


スウの手加減しているとはいえパンチを食らってすぐ立ち上がるとはすごい…

スウはもう一度襲いかかった。


今度はリーマンもたまらず反撃にでた。


リーマンはスウのダイナマイトパンチを何度食らっても立ち上がり、強烈なパンチや蹴りを繰り出してきたそうだ。

そのうち酔いが回ったのか、強烈なパンチを食らったのかわからないけど、スウは意識がなくなり、気がつくと空き地に1人、寝転んでいたそうだ


スウは酔いが一気に覚めた。
生まれて初めての屈辱…
翌日からリベンジするためにジムの周辺をうろつき、リーマンを探した。

そしてついに3日目に再びそのリーマンを見つけたのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。