FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28

第671夜 『悪魔を憐れむ歌』外伝④

3日間ジムの周辺をうろつき、ついに件のリーマンと再び遭遇した。

おそらく通勤の道なのだろう。


スウはリーマンにもう一度勝負を挑んだ。


頭の中ではいろいろ考えたそうだ。
こないだは
『飲みすぎていた』
『油断していた』
『相手をナメていた』
今日はそんなことはないと。


リーマンはしぶしぶという感じで裏についてきたが、腹をくくっていたようだった。


第二ラウンドが始まった。

スウは今度は最初から本気で挑んだ。

何発もダイナマイトパンチをリーマンに叩き込んだ。
ヤクザやプロの格闘家さえ恐れさせたスウのダイナマイトパンチを、リーマンはまともに何発も食らったが、そのたびに起き上がった!

さすがのスウも相手の信じらんないタフさにびっくりしたそうだ!

しかもこのおっさん、パンチも強烈で、スウでさえ何度か意識が飛びかけたそうな

正面からの本気のぶつかり合いに、最後はついにリーマンのおっさんはスウにこう言った。

『もうやめよう君の勝ちだよ。僕の負けでいい。』


勝負が終わるとスウは座り込んだおっさんに話しかけた。

『おっさん、格闘家かよ?』

話しを聞いてスウはまたびっくりした。


なんとこのおっさん、格闘技なんぞなんもやっていなかったし、学生時代も陸上部の普通のスポーツマンだったそうだ

ただし、なぜか喧嘩だけは誰にも負けたことがなかったそうだ。


リーマンはスウに言った。


『俺、ちょっとは自信あったんだけど、君はほんとにメチャクチャ強いね!初めて負けたよ!』
以上のような顛末だった。


俺『へーそんなすげーおっさんがこの世にいんのかよ


スウ『ああありゃあメチャクチャ強かったよ。今んとこ一勝一敗で引き分けだけど、今、日本で一番強えのは俺かあのおっさんだな(笑)』

そう言って笑った。


すげーすげーって言うけど、何がすげーって、おっさんがスウと互角に闘ったのもすげーが、30代も後半になったリーマンのおっさんが、ガチンコで10代の不良と殴り合ったのが一番すげー(笑)

スウ『世の中には本当に“天才“ってのがいるんだなー


いや、オメーが一番天才だけどな(笑)


だけど、大人の中にもそんなすげーのがいるんだなー。

って少し見直したのと、人間外見じゃねーなってのを改めて思い出した話しでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。