FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-04

第676夜 おじさんとお兄さん

今日、お客さんが孫を連れて会社に来た。

10歳位の女の子だ。

それがまたそれはそれは可愛い子猫を抱いてきたのだった

黒い虎柄のちっちゃい子猫だった

なにしろ俺は黒虎の猫が異常に好きなのだ。

かつて飼っていたウチの猫も黒虎だった。
おそらくウチの猫は歴史上で一番可愛い顔をしていたと思われる


とにかく、『いいなあ~いいなあ~

と言ってたら、その女の子は

『おじちゃん、抱きたい?』

と聞いてきたので、


『うん抱きたい

と応えると


『なら抱かせてあげてもいいよ

と上から目線で言われた。


まあ、気にせず子猫を抱いて悦に入っていると、その子は近くにあったお菓子を見ながらこう言った。


『ねえ、お兄さん、お菓子ちょうだい…』


俺『うん、いいよ食べな

『ありがとう!お兄さん!』


…お兄さん…さっきまでおじさんだったのに…


人から頼まれた時は上から目線で『おじさん』で、人に頼む時は『お兄さん』と使い分けるとは…


さすが女の子は小学生と言えども侮れない
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ちなみに私は知らない子供に話しかける時『お姉ちゃんが~』と言います『おばちゃん』と言われても『お姉ちゃん』と言い張ります(^O^)

>ゆみがっちゃん

その心意気!
何歳まで貫けるかぜひ挑戦してみて!
プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。