FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-28

第682夜 暑苦しいぜ!音楽自論.4くらいか?

なんつーか、1人で作曲漬け

アイデアは思いうかぶんだけど、表現が本当に難しい

やっぱり自分で全部録音したりしてみると、みんな(バンドメンバーやら友達のプレイヤー)なんかはそれぞれの楽器において俺の10倍は上手い事に気づく(笑)

いや、もっとだろうな。

よく、ライブなんかやるとうちのバンドはバックサウンドがデカすぎてボーカルが聴きづらいと言われる。

いかにお客さんの多くがボーカルを中心に聴こうとしてくれているかがわかるのだけど、自分的には『あんまり気にしないでほしい』と思う

ロックに限らず、バンドというのはそれが一つの音楽の塊であるのだから、またみてくれもパフォーマンスも含めて一つの塊なのだから、何が聴きづらくとも、そのまんま聴いてくれれば嬉しい。
例えば、よくあるかたちで、ボーカル+バックバンドみたいな型はバンドとしては二流であると思う。

メンバーそれぞれが同列に個性をだして、せめぎ合い闘い、それでも一つの塊として爆発するのがロックバンドの理想型であると思う。

だから全ての楽器が主張してよいし、前に出るべきだ。

それでいてなお、色あせないボーカルが俺の目指す理想です。

『曲には自信がある』
『技術がなけりゃあダメだ』
『気持ちでは負けない』『パフォーマンスは凄い』

全て間違いではないと思う。

しかし、それらはすべて相反するものなのか?


たまに、天の邪鬼でへそ曲がりな俺は『それ以外は自信がない』と言っているように聞こえる時も“まれに"ある。


それらすべてを持っているバンドになりたい。


おそらくそうなれる可能性を僕らは持っている数少ないバンドの一つだ。
だからこそたまに飽きても苦しくてもつまんない時があっても続くのだろう。


こういった話題になるとマジ暑苦しいな俺



『今日の僕らは20点だった。明日の僕らは10点かも知れない。でも明後日は70点になるかもしれない。恐ろしく不安定だけど、でもある日100点が取れる日が来るかも知れない。その可能性が信じられるから続けていける。
ずっと80点を取り続けるバンドなんぞ、ロックでもなんでもない。
プロフェッショナルだけど、退屈だから皆あきる。

ちなみにここんとこずっと10点代。

-D.VACCA.SANOVABITH』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。