FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-28

第696夜 悪魔の招待状

以前に何かの本で読んだ。

『人間は種として深層心理の中では一つにつながって共有している』


要するに我々は意識の奥底の部分ですべてつながる一つの生き物だと。

異性のあの子も友達も死んだ爺ちゃんも、薄汚いアイツも…

すべては俺であり、あなたであるらしい。

まあ、そんな話しはにわかに信じがたいものだが、時たまこれくらいは思うことがある。


例えば、今このブログを読んでいる君が、たまに俺を思い出す時、俺も同じように君を思い出すくらいの意識のつながりはあるのかもしれないって。

何十年も会っていない友達をたまに思い出したりするじゃん?

『あいつ、なにしてんのかなぁ?』

とか。

そしたらさ、その時にそいつも同じように思い出すのかもしれないなって


さて、前置きが長くなったが、何を言いたいかと言えば


今日、例の連載ブログ『悪魔を憐れむ歌』編に登場した、“ノブオ“のモデルになった“H雄“がうちの会社に遊びにきた。

H『なあ、DIVA…な、な、なんと“アイツ“から連絡がきた


俺『“アイツ“って“アイツ“?』


H『そう“アイツ“…』

俺『あの…アメリカ行ったはずの“アイツ“?


H『そう…


俺『で、なんて


H『こんど、日帰りで富士山見に行くから遊ぼーって…DIVAも。』


バカな何故にこのタイミングで

まさか、ブログが読まれていたとか…


さんざん悪魔とか書いたのがバレたとか


…いや、まあそんくれーじゃ別に怒んねーか(笑)

もしかしたら俺が思い出したから「深層心理」でつながっているアイツも思い出してしまったとか…


そりゃあ俺も“アイツ“にはたまらなく会いたい。どんな風に変わったのか、どんな大人になったのかものすごいみたい。
それはHも同じ気持ちのはずだ。

だが…


それからしばらくHとアイツの話しをしながら笑った。
楽しい思い出がたくさんあるから


するとHは突然黙ってしまった。


よく見ると足がガクガクしている。

そして一言


『怖ぇ~~~~


その通り


怖いんだよ俺も


“アイツ“はとても仲間思いだし、優しいとこもある!友達を殴ったりはしない!断言できる!

さらに大人になっていれば尚更だ!


だけど、相手はまさに“百獣の王“である


ライオンが嬉しさのあまり抱きついてきても、普通の人間にとっては致命傷になりかねない一撃だ


何が起こるかわからない

再会を祝して渋谷のスクランブル交差点のど真ん中でジャイアントスイングくれーは軽くかます奴だ


さらにやっかいなのは“この悪魔“は致命傷になりかねない一撃を食らうかもしれないと分かっていてなお、会いたいと思わせる魅力があるところだ


早ければ再来月くらいに再会するかもしれない。

Hと2人で生命保険に入ろうかと真剣に話してしまった。


だけど、もし本当に再会できたら、そりゃあ極上に嬉しいだろう



今年の夏はまた熱くなりそうだけど、熱すぎて火傷しないように気をつけよう(笑)






誰か一緒についてきて…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。