FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-09

第715夜 『野生の王国』編.3 カラオケ

ちょっと間が開いてしまったけど、カイジの話しの続き。

そんで、ある日の深夜バイトをしているとカイジが遊びに来た。

深夜2時位で仕事もなくバックルームでだべっていた

それでもたまにお客さんがレジに来るので、対応したりしていたが、まあヒマだったわけ。

そしたらカイジが帰り際に突然、『ねえ、DIVAくん、今から1人でカラオケ行きたいだけど500円ちょうだい』と言う

500円…今からしたらたかだか500円だけど、その時のクソ貧乏だった俺には貴重だった。

と、言うか給料日前で財布に500円しか入っていなかった。

だからないよって断ったらカイジはちょっとしょんぼりして帰っていった。


その姿見てちょっと後悔した。

たかだか500円を後輩に奢ってあげられない先輩って…情けなかった。

そんな事思いながら仕事していたら30分位してカイジが戻ってきた。


カイジ『こんな時間じゃ行くとこないね


しばらくまた話しして俺はカイジに500円を渡した。


俺『やるよ』


カイジ『マジでDIVAくん、ありがとうカラオケ行ってくる


カイジは大喜びして走っていった


それからさらに1時間くらい経ってまたカイジが戻ってきた。
さっきと違って落ち着いたテンションだった。


俺『歌ってきたか?

カイジ『ありがとう。気持ち良かった


俺『そうか


カイジ『DIVAくん、俺知ってんだけど…さっきの500円、最後の500円でしょ?』


俺『…』


カイジ『なけなしの500円俺にくれたの知ってるよ』


俺『知っててたかったのかよ(笑)』


カイジ『どんな反応するのか見てみたかった。ごめんね。でも、俺はDIVAくんは信頼できるって分かったよ!だからDIVAくんに渡したいものがあるんだ


俺『?何?』


カイジ『仕事終わったら迎えにくるから家きて


俺『はあ?まあいいけど…』


カイジ『じゃあ、後で!』


そう言ってカイジは走り去っていった。



?渡したいもんてなんだろう?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DIVA KEV

Author:DIVA KEV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。